ビタミンC誘導体化粧水がもたらす意外なトラブル【まとめ】

意外なトラブル

 

ビタミンC自体はとても壊れやすく、そのまま塗ったとしても皮膚にそれ程浸透するわけではありません。浸透力を高めたものがビタミンC誘導体です。
化粧水や美容液には水溶性のもの、クリームなどに油溶性のタイプの物が配合されていて、現在では多くの製品に含まれているといっても良いでしょう。

 

ただ、ビタミンC誘導体が含まれていれば何を使っても効果が期待できる、肌トラブルの心配は無いという訳ではありません。
実際には意外なトラブルが起きてしまう可能性もあるので、実際にビタミンC誘導体化粧水などを利用する前にどういう事が起きる可能性があるかを良く理解しておきましょう。

 

美肌効果

 

一つは使い続けていくと、人によっては刺激が強すぎて毛穴が開いてしまうという事です。
少々刺激を感じるのは仕方が無い、使っていくうちに肌も慣れていくだろうといって使い続ける人も中にはいますが、肌に合っていないものを使うのは肌トラブルの原因となってしまうので十分注意しましょう。
せっかく毛穴などのケアの為に使っているというのによりいっそう毛穴が開いてしまったら、それは本末転倒だといえます。

 

また開いた毛穴は汚れが詰まりやすく、きれいにしておかないと毛穴自体が黒くなってしまったりそこから炎症を起こしてしまう事もあるので十分注意しましょう。
もし毛穴がより開いてきたという風に感じた場合は、肌を良く洗い、別の保湿効果が高いタイプの製品を使ってみると次第に状態が良くなっていく場合も多々あります。

 

もう一つはひどく乾燥してしまう可能性があるという事です。
化粧水を使って乾燥してしまうというのは意外だと感じる人もいるかもしれませんが、ビタミンC誘導体が入っている場合などはどうしても刺激が強い事もあり、予想以上に肌が乾燥してしまう事も珍しくありません。
またそのまま使い続けると肌がかさかさするだけでなくしわの原因となってしまう場合もあるので十分注意して利用しましょう。
人によっては部分的に乾燥して皮が剥けたりする場合もあります。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧水などは肌トラブルに効果を発揮するという風に良く知られていて、それによってトラブルを起こしてしまう事があるということが意外と知られていません。
ただどれだけ良いといわれている成分であったとしても、その人の体質によって合う・合わないがあるので、実際にビタミンC誘導体が入っている化粧水を利用する場合も、肌に刺激を感じる場合は使用を取りやめましょう。

 

 

 

 

 

ビタミンC誘導体化粧水ランキングをみる >>