ビタミンC誘導体化粧水の効果的な使い方や見分け方【まとめ】

効果的な使い方や見分け方

 

肌のシミ・しわ・たるみなどといった症状が歳を重ねると悩みの種になってしまう女性は多いでしょうが、そういった肌老化に対してであったりニキビ・ニキビ跡・美白ケアとしても効果的だと言われるビタミンC誘導体が注目を集めています。

 

ビタミンC誘導体についてはビタミンCとの違いがあるのか疑問に感じる方も多いかもしれませんが、この成分はビタミンCよりも肌に浸透しやすいように改良された成分であり、肌に浸透するとシミの原因であるメラニン色素の生成を抑制したり、すでに肌の表面上に現れてしまっているシミやそばかすなどの改善も見込める成分ですし、美白効果もあると言われているので高いアンチエイジング効果が期待できる成分です。

 

またビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促進したり炎症を鎮める作用、皮脂の分泌を抑える作用などもあるのでニキビやニキビ跡の緩和・改善が見込めるのです。
そんなビタミンC誘導体が配合された化粧水などの化粧品を選ぶ時の見分け方についてですが、ビタミンC誘導体は水溶性・油溶性の2種類がありそれぞれ水溶性のものは化粧水に、油溶性のものはクリームにといった形で使われています。

 

美肌効果

 

ただそれらの性質を2種類とも持っている事から最近大きな注目を集めている「APPS」と呼ばれる成分があるのです。
APPSには通常のビタミンC誘導体の100倍近い浸透力を持っていると言われていますから、ビタミンC誘導体が配合された化粧品から高い効果が望める化粧品の見分け方としてはAPPSが配合された化粧水などを選べば間違えないでしょう。

 

またAPPS配合の化粧水に関しては高濃度であればより一層効果的というわけではなく、高濃度であれば高濃度であるほどAPPSを安定させるための防腐処置>が行われていたりしますし、>皮脂の分泌を抑える作用もあるので肌の乾燥を招きやすいですから、乾燥肌の方や敏感肌の方は濃度を抑えたAPPS配合化粧水を選ぶようにした方が良いでしょう。

 

このようにして自分に適したAPPS配合化粧水の見分け方ができれば次は使い方についてですが、APPSは安定しにくい成分なので1か月使い切りタイプなどが多いですから、決められた期間内に使い切るようにしましょう。

 

また使い方として正しいのはその後使う化粧水や乳液などの浸透させるために、洗顔と化粧水の間のタイミングで使うのが重要になります。
他にも効果的な使い方として肌トラブルが気になる部分に重ねづけであったり、電流を利用して皮膚に有効成分を浸透させるイオン導入器などを合わせて使用してみると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

ビタミンC誘導体化粧水ランキングをみる >>