ビタミンC誘導体化粧水がニキビやお肌に与える効果【まとめ】

ビタミンC誘導体化粧水がニキビやお肌に与える効果【まとめ】

 

美肌女性
ビタミンC誘導体という美容成分をご存知でしょうか。
これはビタミンCを吸収されやすい形に変化させた成分で、様々な肌トラブルと解消してくれる効果があるとして注目を集めています。

 

ビタミンCそのものは非常に壊れやすい性質があり、直接スキンケアに利用しても角質の内部にちゃんと届けらませんので、化粧品に配合してもあまり有効ではありません。
誘導体という形に変形させることで角質層の奥深くまで浸透し、美容成分としての力を発揮できるようになっているのです。

 

ビタミンC誘導体の主な効果は、美白作用、ニキビの予防と改善、肌荒れ予防など多岐に渡り、これひとつでお肌をトータルケアできるという優れものでもあります。
この有用性が活かされ様々なメーカーの化粧水や美容液に配合されており、私達にとってたいへん身近な美容成分となっています。

 

そんなビタミンC誘導体の美容効果の中でも特筆すべき点が美白作用についてです。
>ビタミンC誘導体には、メラニン色素の生成を抑制し、また排出を促すという二つの作用を兼ね備えています。

 

メラニンとは肌を黒化させる色素であり、つまり美白の大敵。
美白化粧水などに配合されている美白成分にはいくつかの種類がありますが、大きく二つに分けるとこのメラニンができるのを抑制するタイプのもの、もう一つが生成されたメラニンを排出させるタイプのものです。

 

大部分の美白成分はこのいずれかに分類されるのですが、ビタミンC誘導体はこの両方の特性を持っているため、予防と改善の両面からの美白ケアを一つの成分で行うことができるという利便性の高さが特徴なのです。

 

長期的に使用することで少しずつ角質層の内部へと働きかけますので効果の現れ方はゆっくりですが、刺激性もほとんどないため、どのような肌タイプの人でも使いやすく、毎日のスキンケアに取り入れやすい成分となっています。

 

そしてもう一点注目したいのが、ビタミンC誘導体はニキビに対しても予防、改善二つの効果を発揮するという点です。
ニキビは過剰な皮脂の分泌などが原因となって起こる症状ですが、ビタミンC誘導体には皮脂の分泌をコントロールするという作用があるため、ニキビができにくい環境に整える効果があります。

 

また高い抗酸化作用を有するため、肌の炎症を鎮める作用もあり、まさにニキビの救世主と言ってもいい成分なのです。
こうした特性からビタミンC誘導体は美白化粧水だけではなくニキビ用の化粧水にも広く使用されています。

 

 

 

ビタミンC誘導体化粧水ランキングをみる >>