新世代ビタミンC誘導体アプレシエ(APPS)とは?

APPS(アプレシエ)とは?

 

APPS(アプレシエ)とは、ビタミンC誘導体の種類の1つです。ビタミンC誘導体とは優れた美白成分です。大きく分けて3つの種類があります。APPS(アプレシエ)はその中の水溶性と油容性の両方の性質を兼ね備えていて、それが進化型ビタミンC誘導体なのです。

 

進化型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)は美容業界から注目を集めています。なぜかといいますと、APPS(アプレシエ)は、化粧水の高い浸透力と即効性をもっているからです。そして、即効性が特徴の水溶性と、低刺激の特徴を持つ脂溶性の長所も持ち合わせています。

 

美肌効果

 

既存のビタミンC誘導体に比べて、皮膚への浸透性、ビタミンCへの変換率が大変優れています。美白効果だけでなく、アンチエイジング、つまり加齢によっておこる身体の機能的な老化を限りなく小さくしていつまでも若々しくしてくれるのです。

 

浸透性についてですが、アプレシエには親油性の付与により、細胞内への誘導体の取り込みが向上しています。また、表皮、真皮ともに誘導体の浸透性も向上しています。
美白、アンチエイジングに対しては、シワができる原因のひとつである、紫外線が真皮に達し、活性酸素の発生してコラーゲンにダメージを与えます。それに対して肌の奥に浸透するアプレシエは真皮内で発生する活性酸素を除去してくれるので、シワの原因となるコラーゲンへのダメージに効果を発揮します。また、高いコラーゲン合成の促進能力を持っています。

 

まとめて言いますと、APPSはコラーゲンの生成に働きかけ、シワやたるみの改善にプラスの効果をもたらします。従来のビタミンC誘導体と同様ににきび跡のケア、シミ、くすみ等にも効果があります。APPSは化粧水の塗布だけで高い浸透力をもっていて、従来の化粧水のビタミンC誘導体と比較すると約100倍の浸透力があるともいわれているのです。

 

前述した、水溶性と油容性を持ち合わせているので、水にも油にも親和性を高く持っているので、さまざまな化粧水や化粧品に配合することができます。これが注目を集めている理由でしょう。それに加えて比較的低刺激とされています。

 

しかし、デメリットとして、安定性が若干低いことがあります。原材料は粉末状であり、水や直射日光、空地によって劣化しやすいので、保管方法が重要になってきます。そもそも原料が高く、化粧品に多くの誘導体を配合するのはいまだ難しいという課題が残っています。

 

 

 

 

 

ビタミンC誘導体化粧水ランキングをみる >>